しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民。

時事

オミクロン"軽度"でないなら・・・

新型コロナのオミクロン、本当に"軽度"でないなら、2022年冬の北京五輪中止!
WHOは是非、IOCと中国政府に勧告するべきですね。

IMG_20220108_205207
(2022年1月7日:日テレNEWS24配信記事より)



年明け早々、新型コロナウイルスのオミクロン株が話題となっています。
日本では米軍基地が起因とされています。

日本でも元旦から全国各地で新型コロナウイルスの陽性者が激増し、1月9日から31日まで沖縄・広島・山口の3県でまん延防止等重点措置が適用されることになりました。

コロナ騒動の第1派はパチンコ屋やライブハウス、第2派では夜の街。
第3派以降は飲食店や旅行が悪者にされ、そして第6派では米軍バッシングが始まりました。
一部の報道は日米地位協定の是非にまで踏み込んでいます。

このブログで何度も書いていますが、日本において新型コロナウイルスは不治の病や難病ではなく季節性の風邪やインフルエンザみたいなものです。

緊急事態宣言もまん延防止等重点措置といったものは全くもって無意味。
昨夏の五輪期間中の第5派も特に人出が減ることなく自然と収束していきました。

夏と冬、換気の悪いクーラーやヒーターの効いた部屋に居る時間が多くなればインフルエンザに感染したり、風邪を引きやすくなるのは当たり前。

今、日本でやらなければいけないのは新型コロナウイルスの感染症法上での分類変更。
新型コロナウイルスの新型インフルエンザ等感染症からの除外です。

新型コロナは昨年2月13日、菅政権において2類以上相当の指定感染症から、新型インフルエンザ等感染症に分類が変更されています。

これは1類以上の強い措置を恒久的に行える厳しいものです。
全数検査や濃厚接触者などの特定、原則隔離の対象となります。

新型コロナウイルスがエボラ出血熱やマラリア、鳥インフルエンザ並みに強毒性で致死率が高いものであれば強い措置もやむを得ないでしょう。

しかし実態は先述の通り、風邪程度であることは明らかです。


逆に新型インフルエンザ等感染症から除外し、季節性インフルエンザなどと同じ5類扱いとすれば、コロナ騒動はすぐに終わります。

発熱外来の設置やコロナ用の病床の設置、濃厚接触者の特定や追跡、隔離政策などと言ったことを行う根拠がなくなります。

病床数の逼迫や、今問題となっている医療スタッフが濃厚接触者扱いされ、欠勤となるケースもなくなります。

長引くコロナ騒動、日本において本当に問題なのは、ウイルス自体ではなく感染症の分類です。

政府も行政も実際はこんなこと、とっくのとうに分かっているはず。
コロナの5類扱い、どなたが言い出しっぺとなるのでしょうか。

昨年末から相次ぐ不気味な地震

正月明け早々、小笠原諸島で強い地震です。

日本各地で昨年末から相次ぐ不気味な地震。
一体、日本列島付近の地下で何が起こっているのでしょうか。

IMG_20220104_203554
(2022年1月4日:気象庁公式ホームページ地震情報より引用)

この地震は1月4日朝6時9分頃発生。
震源は父島近海で地震の規模を示すマグニチュードは6.3。
最大震度5強を母島で観測、父島でも震度4を観測しています。

この地震による津波の発生はありませんでした。

前日の1月3日には東シナ海の台湾と沖縄与那国島の境界付近でM6.3の地震が発生。
八重山諸島で震度1~2を観測しています。

地震はいつどこで起きるか分かりません。
今夜、もしくは明日にでも被災者となってしまう可能性があります。

1月4日夜、この日の新型コロナウイルスの陽性者が沖縄225人、東京151人、大阪124人、広島109人などと発表されました。

第6派として予想通り殆どのメディアが煽り報道を始めましたが、不治の病や難病ではなく風邪の一種。
過度に恐れる必要はありません。

むしろ今懸念されるのは、新型コロナウイルスが新型インフルエンザ等感染症に指定されたまま大地震や大津波が襲来したらどうなるのか?ということです。

"密を避ける"という理由で避難所の受入人数が制限され、避難指示が出ているのに安全な場所に避難できないケースが続出するでしょう。

実際、長崎・五島列島を直撃した2020年台風9号・10号で実際にこのような事例が起き、問題視されたことは記憶に新しいところです。

当然、安全な場所に避難できなければ命に関わります。

もし大地震が発生したその地域で新型コロナ陽性者が急激に増え、まん延防止等重点措置や緊急事態宣言が発出されていた場合、より深刻な事態を招きそうです。

メディアの皆様はせっかく煽り報道を行うなら、こういったケースやリスクも是非取り上げて頂きたいものです。

インドネシア沖での不気味な地震

今度は日本のはるか南、インドネシア沖で大きな地震。
12月14日12時20分頃発生、マグニチュード7.3(※)

IMG_20211214_133225
(2021年12月14日:気象庁公式ホームページ地震情報より引用)

※地震発生当初の情報ではマグニチュード7.6と発表されていました。

この地震では一時、震源の半径1000キロ以内に津波が到達する恐れがあるとのことで、津波警報が発表されましたが、大きな被害は無かったようです。
日本での津波警報・注意報・予報の発表などはありませんでした。

現在日本では新型コロナウイルスのオミクロン株や、北京五輪2022の外交ボイコットの賛否、特別給付金10万円の支給方法に注目が集まっています。

一方、しつこいようですが地震はいつ起きるか分かりません。
天災は忘れた頃にやって来ます。

今年の2月半ば、南太平洋のバヌアツ付近でマグニチュード7.7の大地震が発生。
その3日後に福島県沖でマグニチュード7.1、最大震度6強の非常に強い地震がありました。

煽るつもりはありませんが、自分の身は自分で守る。
これしかありません。




不気味な地震、また。

今度は関東平野で不気味な地震です。
なかなか気休めさせてくれません。

IMG_20211212_232937
(2021年12月12日:気象庁公式サイト地震情報より引用)

12月12日12時31分頃、茨城県南部を震源としたM5.0の地震。
茨城・埼玉・群馬・栃木の4県で最大震度4を観測するやや強い地震がありました。

このほか、関東甲信越地方の広い範囲と福島県、静岡県伊豆地方で震度1~3の揺れを観測しています。
津波の発生はありませんでした。

最近、日本列島では地震活動が活発となっています。
つい最近も鹿児島・悪石島での震度5強を観測した地震や、山梨県と和歌山県で最大震度5弱を観測した地震がありました。

また今年10月7日夜には、千葉県北西部を震源とするM6.1の地震が突然発生し、東京都足立区や埼玉県川越市などで震度5強の強い揺れを観測。

水道管の破裂や停電、そして翌日8日も東京圏の交通網が完全に麻痺したことが思い出されるところです。



繰り返しになりますが、地震は台風などとは異なり、突然やって来ます。

12月12日に日本沈没というドラマが最終回を迎えるそうで、#日本沈没や#フォッサマグナといったキーワードがツイッターでトレンド入りしているのを見かけました。

"沈没"と言う表現はともかく、自然災害による被災は明日は我が身。
自分の身は自分で守るしかありません。

また不気味な地震

今度は鹿児島の離島で不気味な地震です。
一体、日本列島の地下で何が起こっているのでしょうか。

IMG_20211209_234629
(2021年12月9日:気象庁公式サイト地震情報より引用)

12月9日11時05分頃、トカラ列島を近海を震源としたM6.0の地震。
最大震度5強(鹿児島県十島村)を観測する強い地震がありました。
震源の深さは20kmと推定されているようです。

このほか、奄美諸島の広い範囲で震度1~4の揺れを観測しています。
津波の発生はありませんでした。

トカラ列島や伊豆大島近海では最近、地震活動が活発となっています。

地震は台風などとは異なり、突然やって来ます。
読者の皆様、突然の地震災害への備えは出来ているでしょうか?

長引く新型コロナ騒動。
今は新型のオミクロン株や給付金10万円、ワクチン3回目の接種の話題ばかり聞かれますが、日本は災害大国。

自然災害による被災、明日は我が身です。

煽るつもりはありませんが、不意打ちの地震など、いつやって来るか分からない災害への備えを蔑ろにしてはなりません。