しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民。 日々の気付きや出来事、訪問記、神奈川暮らし、時事問題などをぼやく。

時事

415系500番台、鹿児島地区での活躍に終止符

JR九州では9月23日(金)がダイヤ改正で西九州新幹線の長崎~武雄温泉間が部分開業。
賛否がありますが、早速大きな話題になりました。



そんな中、415系500番台が今月23日のダイヤ改正で鹿児島地区での活躍に終止符を打ちました。
理由は鹿児島本線の川内~鹿児島間と、日豊本線の鹿児島~都城間のワンマン運行化によるもの。

IMG_5534

IMG_5539

IMG_5536

筆者のゆかりの地でもある鹿児島を訪れたとき、この電車を見たり乗ったりするのが楽しみでした。

行先表示が方向幕で自動放送も無く、アナウンスも車掌の肉声のみ。

かつてはどの地域でも当たり前であり、いつもの日常。
ふた昔くらい前までならば、LED行先表示の列車やバスが登場した方が話題になりました。

今は逆にLED行先表示や自動放送のアナウンスなどが当たり前の時代。

時代の流れ、そして"ワンマン化"の波を改めて感じます。

IMG_5529

桜島が415系惜別の噴煙?を上げていました。
心なしか、桜島も415系引退を寂しがっているように感じます。

(写真は全て2022年9月22日:鹿児島県鹿児島市上町JR鹿児島駅にて撮影)

【関連記事】

札幌市に五輪招致の資格なし。

2004年から2022年まで、札幌ドーム(札幌市)を本拠地とした北海道日本ハムファイターズ。

2023年シーズンからは北広島市で建設中の新球場「エスコンフィールド北海道」へ移転することが決まっています。



北海道では新球場「エスコンフィールド北海道」への注目と、2030年冬季五輪の札幌市への招致の動向に注目が集まっています。

あえて厳しく書きますが、日本ハムを流出させてしまった札幌市。
冬季五輪の資格があるのでしょうか?

IMG_5057

IMG_5059

IMG_5058
(2022年9月5日:北海道札幌市中央区旧北海道庁舎付近にて撮影)

筆者からすればその資格はありません。

札幌ドーム問題を解決できず、日本ハムの流出すら阻止できなかった札幌市が、健全な五輪を運営できる根拠が見当たらないからです。

それに「スポーツ=五輪」でもありません。

札幌のファンの方からすれば、移転先がいくらお隣の北広島市とはいえ、札幌の市街地にある札幌ドームで2023年から野球が見られなくなり、いつもの日常が奪われるわけです。

逆に3週間足らずで終わってしまう五輪を招致する予算があるなら、1試合で約1700万円とも言われる札幌ドームの使用料を値下げしたり、札幌ドーム内の飲食やグッズの売り上げが球団に入るようにすれば良いんじゃないの?と考えることも出来ます。

筆者は決して競技そのものやアスリートを批判するつもりは全くありません。
出場する以上、金メダルを目指すのは当然でしょう。

筆者が気に入らないのは五輪さえ開催できれば、他のあらゆるものが中止になったり潰れても良いと言うような利権政治屋と利権企業の態度であります。

17.5差から大逆転優勝の夢叶わず

本ブログで度々取り上げたプロ野球・横浜DeNAベイスターズ大逆転優勝の夢。
首位ヤクルトと17.5差から一時、4差まで猛追。



観ている我々も、もしかしたらもしかするかも?と思わせるような追い上げ方でしたが、残念ながら夢は叶いませんでした。

IMG_20220925_235908
(2022年9月25日:Yahoo!スポーツナビ・プロ野球より)

IMG_5032
(2022年8月27日:横浜市中区横浜スタジアム・DeNA-ヤクルト戦にて)

8月26日~28日の横浜スタジアムでの対ヤクルト戦に3タテを喫したことと、広島に8勝17敗と大きく負け越したことが響いてしまいました。

夢は2023年シーズンへのお預けです。

しかし振り返ってみれば、前身の横浜時代からつい最近まで最下位が定位置でした。

特に2008年~2012年の間は5年連続でダントツの最下位。
借金も40を超えるのが当たり前で、借金50近くに到達したシーズンもありました。

球団を身売りして、本拠地を新潟に移転?などという話があったのもこの頃でした。

この厳しい時代を見てきた身からすれば、8月・9月になっても首位との直接対決の試合の経過に一喜一憂する時代が来るとは思いませんでした。

DeNAベイスターズとなって観客動員数も右肩が上がりでチケットの入手が困難になると言うのも当時では考えられなかったことです。

空振りに終わってしまいましたが、東京五輪2020大会の野球・ソフトボール競技開催の為、横浜スタジアムにウィング席が設置されました。

コロナ騒動による外出控えもあり、チケットの取りにくさは少し緩和されたようですが、やはりグラウンドに近い良い席を取るのは困難です。

今のプロ野球はクライマックスシリーズ(以下CSと表記します)という敗者復活戦の制度がありますが、シーズン終盤まで優勝の可能性がありながら、それを逃すのはやはり堪えるものです。

首位巨人に対し最大10.5差から一時、0.5差に猛追しながら、優勝を逃し2位で終了した2019年シーズンを思い出します。

【関連記事】

DeNA崖っぷち

プロ野球セ・リーグは24日終了時点で首位ヤクルトの優勝へのマジックが2。
横浜DeNAベイスターズは崖っぷちに。



もはや優勝は風前の灯火となってしまったのでしょうか。

思い返せば昨年10月26日、DeNAはヤクルトに横浜スタジアムで優勝を決められてしまいました。

IMG_20220924_232945
(2022年9月24日:Yahoo!スポーツナビプロ野球より引用)



あの日からおよそ1年が経とうとしていますが、今年は神宮球場でヤクルトに優勝を決められてしまう可能性が出てきてしまいました。

今日25日(日)も神宮球場でヤクルト戦が予定されていますが、何とか意地を見せてもらいたいところ。

そして、妄想と言われてしまうかもしれませんが、数字上、優勝の可能性が残る限りは優勝を狙ってもらいたいところです。

ついカッとなって?

ついカッとなって?
手を出した方が確かに悪いのですが、職員の言動や接遇にも問題が無かったのでしょうか。



今日9月23日、羽田空港の保安検査場で検査員とトラブルになり、暴行容疑の現行犯で逮捕されたプロ野球元投手の村田兆治氏が話題になっています。

DSC_3527
(2022年9月21日:東京都大田区羽田空港第2ターミナルD保安検査場にて撮影)
※画像はイメージです。

これまでの報道を総合すると、保安検査場の金属探知機に何度も引っかかり腹を立て、女性検査員の左肩を右手で押したことが暴行容疑とされ、逮捕に至ったとのこと。

もちろん暴力はいけないことです。

しかし拳で殴ったり平手打ちしたり、足で蹴飛ばしたりしたわけでもありません。
正直なところ「女性の体に触れた」ことによる過剰反応とも思えます。

手でどかしたくらいで暴行となるのなら、これからは、例えば満員電車や人混みの場所で肩を押した人間は故意であろうが不可抗力であろうが、皆、逮捕されるべきでしょう。

また、筆者も羽田空港をよく利用しますが、態度や接遇が悪い職員が見受けられるのも事実。
不愉快に感じたことも2度や3度ではありません。

厳しいことを言いますが、職員の態度や接遇にも問題がなかったか、検証するべきであります。