しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民。 日々の気付きや出来事、訪問記、時事問題などをぼやく。

#渋谷

3年ぶりに渋谷鹿児島おはら祭開催

今日5月15日(日)は第25回渋谷鹿児島おはら祭開催日。
コロナ騒動が起きる前の2019年第22回以来、3年ぶりの開催です。



2020年開催予定の第23回と2021年開催予定の第24回は、コロナ騒動の始まりと長期化で中止となっています。

【渋谷・鹿児島おはら祭公式サイト】


IMG_5369

IMG_5380
(2017年5月21日:東京都渋谷区道玄坂付近にて撮影)

写真は2017年開催の第20回渋谷・鹿児島おはら祭の光景です。

1998年に当時の小倉基渋谷区長が鹿児島県出身であったことをきっかけに第1回が開催され、コロナ騒動による2回の中止を挟み、現在に至ります。

ほかにも鹿児島と東京・渋谷は、鹿児島出身の連合艦隊司令官・東郷平八郎を祭る東郷神社が渋谷区神宮前に建立されていたり、初代・ハチ公像を作った彫刻家・安藤照も鹿児島出身であるなど、ゆかりがあるそうです。

関東地方にある鹿児島県人会や高校の同窓会など、鹿児島県出身の方で結成されている多くの団体のメンバーがそろいの衣装で参加し、渋谷エリアを踊り歩きます。

道玄坂や文化通りは踊り連で埋め尽くされ、普段は若者の街である渋谷は鹿児島一色になります。

渋谷・鹿児島おはら祭を見学すると、関東在住の鹿児島出身県の方の強い郷土心と、同郷出身者同士の団結力の強さを改めて感じさせられます。

久々、そして待望の開催となった渋谷・鹿児島おはら祭。
首都圏の皆様、今日はおそと時間で渋谷・鹿児島おはら祭の見学は如何でしょうか。

渋谷・鹿児島おはら祭

IMG_5354

IMG_5356

















IMG_5361

IMG_5417

2017年5月21日(日)、東京都渋谷区で「渋谷・鹿児島おはら祭」が開催されました。

今年で開催で20回目で、1998年に当時の小倉基渋谷区長が鹿児島県出身であったことをきっかけに初開催され、現在に至っています。

ほかにも鹿児島と東京・渋谷は、鹿児島出身の連合艦隊司令官・東郷平八郎を祭る東郷神社が渋谷区神宮前に建立されていたり、初代・ハチ公像を作った彫刻家・安藤照も鹿児島出身であるなど、色々とゆかりがあるそうです。

今年は「踊り連」64組、計およそ2400人の踊り手が参加し、「おはら節」・「渋谷音頭」・「ハンヤ節」の3曲に合わせて躍りパフォーマンスが繰り広げられました。

また、来街者も自由に参加できる「飛び入り連」も設けられました。

関東にある鹿児島県人会や高校の同窓会など、鹿児島県出身の方で結成されている多くの団体のメンバーがそろいの衣装で参加し、渋谷エリアを踊り歩きました。

道玄坂や文化通りは踊り連で埋め尽くされ、渋谷の街はまさに鹿児島一色に染まっており、関東在住の鹿児島出身県の方の強い郷土心と、同郷出身者同士の団結力の強さを改めて感じさせられました。

当日は、MBC南日本放送により、鹿児島へ向けてパレードの生中継も行われたとのことです。

当日の東京の天候は晴天で、最高気温が30度を超えるなど、熱中症が懸念されましたが、無事に今年も終わりました。

来年(第21回)も今年と同じ時期に開催予定とのことですので、要チェックです!